終了したセミナー

達川 新 氏

会社を強くするための人事労務セミナー 問題社員に対する対処法

日程:平成29年8月23日(水)全1回 13:30~16:30

このセミナーに申し込む

快適な職場づくりで人を活かした強い企業へ!

能力不足や協調性不足など、いつの時代にも企業には問題を抱えた社員が必ず存在します。また、最近では、うつ病を罹患する等メンタルヘルスに不調をきたしたり、ソーシャルメディアで不適切な発言をしてしまうなど、会社側で対応に苦慮する新たなケースも急増しております。そのような中、本セミナーでは、退職勧奨等を用いて、このような問題社員とのトラブルを円満に解決する方法を、実例を交えながら具体的に解説していきます。是非ご参加ください。

このセミナーを受講すると、こんなスキルが身につきます。

トラブル回避のために
問題社員に対する対処法を身につけます。

セミナーの対象者はこんな方です。

経営者、人事担当責任者
開催日時平成29年8月23日(水) 13:30~16:30
定員20名(定員になり次第、締め切ります。)
受講料会員:6,000円  その他:8,000円  一般:9,000円(資料代、消費税込)
開催場所草津商工会議所 会議室

〒525-0032 草津市大路2丁目11-51
TEL 077-564-5254 FAX 050-3488-6373
地図はこちらです。
講師
ひょうご法律事務所
 弁護士 達川 新  氏
カリキュラム1.問題社員の種類は
◆問題社員はどのような種類に分けられるのか?

2.問題社員の対処法は
◆残業社員への対処法
  そもそも労働時間とは何か?
  残業を生じさせない方法は?
◆セクハラ社員への対処法
  そもそもセクハラとは何か?
  セクハラに対して会社はどうすべきか?
◆仕事に集中しない社員への対処法
  そもそも社員はどのような義務を負っているのか?
  仕事に集中しない社員に対して会社は何ができるか?

3.処分の方法とは
◆口頭注意の方法
◆懲戒処分(懲戒解雇を除く)の方法
  事前準備として必要なこと
  処分の際の注意事項
◆解雇処分(懲戒解雇を含む)の方法
  退職勧奨との違い
  処分の際の注意事項
持ち物筆記用具
セミナー参加費
支払い方法
受講料は、受付終了後7日以内にFAX又はメールで振込先等をご案内いたしますので、指定する期日までにお振込み願います。一旦お振込みいただき、参加不可能な場合は、代理の方のご出席をお願いします。
お知らせ【お問い合わせ先】
草津商工会議所 寺子屋実践塾  
(TEL:077-564-5254、FAX:050-3488-6373)までお願いいたします。

ページのトップへ

滋賀県草津市の人材育成、人材教育研修なら、中小企業の人材育成と商売繁盛を支援するビジネス道場、草津商工会議所寺子屋実践塾にぜひご参加ください!

© MPE 経営人事教育システム All Rights Reserved.